ニュース一覧

現代の若者の目のトラブル

スマホ

20〜30代のスマホを多用する世代に老眼のような症状が現れることをスマホ老眼と言います。放っておくと、見えにくいだけでなく、体の不調を引き起こすこともあります。スマホの使用を控えたり、目の負担にならないような使い方をすることが大事です。

詳しく見る

低年齢化が進んでいる

メガネ

スマホやパソコンで目を酷使した結果、20〜30代でスマホ老眼になる人が増えています。老眼とは近くが見えないだけでなく、目の疲れや頭痛、肩こりなど様々な症状が現れます。そのためスマホ老眼にならないように、ブルーライトや目薬、目の健康にいい食生活、目のストレッチなど予防策を今すぐ始めて下さい。

詳しく見る

効果的な対策を紹介

婦人

スマホ老眼は、スマホの小さな画面を見すぎることで目の周辺の筋肉が疲弊し、ピント調節がうまくいかなくなって起こります。対策としては、スマホを必要以上に見ないことが一番ですが、目に良い栄養素を意識して摂取することも意味があります。アントシアニンやビタミンA、ビタミンB群がおすすめです。

詳しく見る

十分な休息で回復

スマホ

毛様体筋の疲労とブルーライトが原因で発症するのが、スマホ老眼です。ただ、老眼とは異なり、目をしっかりと休ませることで回復します。また、眼鏡やスマホの設定でブルーライトをカットすることで、目のピント調整機能を維持できます。

詳しく見る

疲れ目をケアしよう

男性

スマホ老眼は若い人にも多く、老眼と同じような症状があらわれます。毛様体筋が凝り固まり、ピント調整がうまくできなくなることが原因ですが、目に良い栄養素を含むサプリを利用することで、疲れ目を改善したり眼精疲労の予防ができ、目の健康を守ることができます。

詳しく見る

目のピント調節機能の低下

メガネ

サプリメントで補いたい

スマホは生活に欠かせない必需品ですが、一日に何度も使用していると目のピント調節機能が低下してくるので、老眼のような症状が見られることがあります。老眼は40代以降に見られることが多いですが、10代から、30代の若い年代の人も新聞や雑誌などの細かい文字が読みにくくなったり、眼鏡を外すと見やすくなるなどの症状が見られます。スマホ老眼が見られる場合は、パソコンやスマホの使用は控えて、目を休ませたり、目を動かすなどの動作をすることも大事です。普段の生活ではビタミンEなどの血流を良くする成分が含まれている食品を食べたり、ブルーベリーやカシス、ビルベリーなどの抗酸化作用のあるアントシアニンなどが含まれているサプリメントを服用するのもお勧めです。スマホ老眼は夕方や夜間になると気になる症状が見られることが多いです。普段の生活ではルテインを多く含んでいる、緑黄色野菜を積極的に食べるようにしたり、冷え性でむくみやすい体質の人は保温性の高い衣類を着用するなどの対策を取りましょう。スマホ老眼で悩んでいる人が増えているので、気になる症状が見られる場合は早めに眼科を受診することも大事です。近くの文字が読みにくい場合は、老眼鏡を使用することで眼精疲労や肩こりを防ぐ効果があります。スマホを一日に何度も使用している人は、老眼の症状が悪化すると体の不調の原因になるので、必要がない時は使用しないことも大事です。食生活や生活習慣を見直す努力も大事です。