ニュース一覧

低年齢化が進んでいる

メガネ

症状と予防策

あなたは「スマホ老眼」という言葉を聞いた事がありますか。どちらの言葉も単体でならよく知っている言葉です。ですがスマホ老眼という言葉を聞くと不安になる人もいるでしょう。初めて聞いた人でも、スマホが原因で老眼を引き起こすという事は推測できるからです。昔は老眼になるのは50〜60代ぐらいからでした。しかしスマホやパソコンで目を酷使した結果、老眼の低年齢化が進んでいます。早い人だと20〜30代で症状が現れてしまいます。いくらなんでも20〜30代でスマホ老眼にはなりたくないですよね。それに老眼は近くが見えにくくなる症状で、視力が低下したら視力矯正で眼鏡やコンタクトを使用すればいいと思っている人もいるかもしれません。今はオシャレな眼鏡や遠近両用コンタクトレンズも発売されているので、仮にスマホ老眼になったとしても、日常生活にそれほど支障は出ないと思っている人もいるかもしれません。ですが症状は視力の低下だけではありません。目が疲れやすくなってしまったり、頭痛や肩こりが頻繁に起こる事もあり、日常生活に大きな支障が出る事を理解しておいて下さい。ですが今の世の中で、スマホやパソコンの使用時間を大幅に減らす事は不可能です。そのため少しでも目に負担が少ないように使用する事を心掛けましょう。スマホ老眼にならないための予防策として、ブルーライトに対応した眼鏡やコンタクトレンズを使用したり、小まめに目薬を使用したり、目のストレッチをする方法も有効的です。他にも目の健康にいい食生活を心掛けるなど、出来る事から今すぐ始めてみましょう。