ニュース一覧

現代の若者の目のトラブル

スマホ

目の老化を防ぐためには

20〜30代のスマホを多用する世代に手元の文字が見にくい、ピントが合わず視界がぼやけるなどの老眼のような症状が現れることをスマホ老眼と言います。老眼は加齢により調節機能が衰え、近くのものにピントが合わなくなることを言います。この加齢による老眼とは異なり、スマホ老眼は一時的に老眼のような症状が起こるものです。私たちが物を見るとき、その対象物の距離に対して自動でピントを合わせています。目の中にある毛様体筋を緊張させたり緩めたりすることによって、水晶体の厚みを変化させてピント調節しています。長時間スマホを見続けると、近くにピントが合ったままで元に戻りにくくなり、スマホから顔を上げると、一瞬遠くがぼやけたりします。この状態が続くとピント調節が利かなくなり、近くもぼやけて見えるという症状が起こります。パソコンを長時間使用する人にも老眼のような症状は出ます。しかし、スマホは小さな画面で小さな文字を近い距離で凝視してしまうため、目に大きな負担がかかり、筋肉疲労を起こしやすいと懸念されています。スマホ老眼を放っておくと、見えにくいだけでなく、集中できなくなったり、イライラしたり、肩こりや頭痛などの症状が出ることもあります。スマホ老眼にならないためには利用を控えることが望ましいですが、難しい場合は目の負担にならないような使い方をしたり、目を休ませることが大事です。定期的な休憩を取る、目とスマホの距離を離す、意識的にまばたきをして目の乾燥を防ぐ、目を温める、目薬を使用する、など正しい使い方をすることで、スマホ老眼の予防や改善につながります。