ニュース一覧

疲れ目をケアしよう

男性

サプリで栄養を

老眼というと40代を過ぎた人にあらわれる目の老化現象のことですが、最近はスマホの普及によって若い人も老眼のような症状に悩まされていることが増えているようです。スマホ老眼とも呼ばれ、一般的な老眼と同様に目のピント調整がスムーズでなくなります。目の疲れや目のかすみ、ピントが合わないといった症状のほか、肩こりや頭痛など目以外の部位にも症状があらわれることもあります。原因はスマホを見続けることによって、レンズのような働きをする水晶体の周りにある筋肉、毛様体筋が凝り固まってしまうことです。それによってピント調節がうまくできなくなります。対策としては、目を酷使しないことです。スマホやパソコンの作業は定期的に休息を入れるようにしたり、スマホと目の距離を離す、疲れを感じたら目の周りを温めるといったことを行いましょう。また目の疲れをとるために、目の健康を維持する栄養素をサプリで補うという方法もあります。ブルーベリーやビルベリー、ナスなどの紫色の野菜や果実に多く含まれるアントシアニンは、高い抗酸化作用を持っており、ダメージを受けやすい細胞膜を守る役割があります。アントシアニンを摂取することで眼球内の毛細血管を強くしたり血流を改善する作用が得られるので、目の隅々まで酸素や栄養を届けて毛様体筋の動きを良くして疲れ目を改善することにつながるのです。そして眼精疲労の予防や改善などにも役立つので、サプリで毎日目に良い栄養を補うことで目の健康を守ることができます。